FC2ブログ
旅行。
2017 / 08 / 27 ( Sun )
今年の夏は奄美大島に行ってきました。
のんびりしていて、いい感じでした。
お盆過ぎだったためか、あまり観光客もいなくてゆったり楽しめました。

羽田から、1日1便直行便が出ています。
ただ、午後出発なので、到着は15時過ぎになります。
今回、出発が1時間近く遅れたので、
結局ホテルに着いたのが16時過ぎでした。

名瀬市内のホテルなので、夕食は近くの郷土料理屋へ。
お刺身、アオサの天ぷらすっごいおいしかったです。
市内のホテルなら、歩ける範囲に飲食店がたくさんあるので、
とっても便利でした。
居酒屋が多いけどね。

2日目は、ガイドツアー。
午前中は金作原原生林の散策。
亜熱帯の常緑広葉樹林。
ヘゴやシダ類が多くみられます。
早めに現地に到着したので、ほぼ貸し切り。
散策コースもあまり長くはないので、ちょっとあっけなかった感じです。
生き物も多いらしいんですけど、この日はほとんど見られなく残念でした。
山道は、そここに台風のあとが残ってて、山の斜面が削られてる所もありました。
台風は当たり前なので、今回もそんなに風はひどくなかったと言ってましたが。

午後は、マングローブカヌーツアーです。
のんびりゆっくり、木陰を通りながら樹海を進むのが気持ちよかったです。
川幅広いところだと、めっちゃ日差しに焼かれますが。
奄美大島のマングローブ原生林は、西表島に次ぐ国内2番目の広さだそうです。
ワンツーフィニッシュだねと言われましたが、3番目とかあるのかな。

3日目は、湯湾岳の自然観察ツアーです。
湯湾岳山頂やマテリヤの滝やフォレストポリスなど、
島内の名所散策みたいな感じでした。

山頂の見晴らしは全然期待できないので、
トレッキングで何時間かかけて山頂目指すのは
あまりお勧めできないと言われました。
近くの展望台まで車で行って、そこから山頂に登ったら、
ガイドさんの言うことに納得。
山頂、直径3mくらいの空き地。
周りは3mくらいの木に囲まれて何も見えずで、
確かに、爽快感はなかったです(笑)。
夏は、ほとんど花もないので、春来るといいよーと言われました。
ツアー探した時も、他のガイドツアーに湯湾岳コースがなかったので、
理由がよくわかりました。

自然観察、生き物探し、面白かったです。
びっくりしたのは、キャンプ場のトイレの掃除用具入れに、
イシカワガエルがわんさかいたこと。
水あるし、人がいてハブが来ないから、
くつろぎの場所にしているらしいです。
キノボリトカゲが見たかったなー。

4・5日目は、レンタカーで観光名所巡りです。
この2日間はあまり天気が良くなくて、スコールとの競争。
降ってるところと、止んでるところが、
こうもきっぱり分かれてるのはいっそ爽快です(笑)。
黒い雲の下に、雨粒が落ちているのが目に見えます。

自然観察の森、うっそうとしてました。
鳥の声が頻繁に聞こえるので、バードウォッチングがいいと思います。
遊歩道も結構きれいに整備せれてて、いい感じなのに、
観光客、だれ一人いなかった!
この日だけじゃなく、ほとんどいと来ていないと思われます。
なぜなら、奥のほうですが、遊歩道のど真ん中に、
1mくらいのくらいの蜘蛛の巣を3か所くらい見つけたから。
いい感じに、雨に濡れててきれいでした。

ソテツ・バショウ群生地は北部の太平洋側かな。
山肌に、密集しているのが圧巻でした。
ソテツが植えられた背景は、ブラタモリでやってました。

大島紬村では、製品が出来上がるまでの工程を見学しました。
反物の値段が高い理由がよーくわかりました。
縦糸と横糸は、それぞれの模様に合わせて別に染色してから織ってました。
一目一目、柄を合わせながら!すごすぎる!職人技です。
絹だから、ちょー軽くて暖かい。
製品にはワンピースとかもあって、上品ですごいいい!欲しかった!

あといろいろぶらぶらして、
ファミマあるな、ミスドあるな、イオンあるなと、
結構お店が充実してるのに驚きました。
そして、ビッグⅡでお昼定食を食べましたが、
安くてボリュームがあっておいしかったです。

夕方は大浜海浜公園で、海水浴してきました。
遠浅の海で、リーフで囲まれた中は波も穏やかで、
サンゴ礁の中で、魚を見ながら泳げました。
青い海、白い砂浜、リゾート!
下田とは全然違う!
浮輪とか、シュノーケルとか持っていけばよかったと思いました。
長時間泳ぐ気はなかったので、ゴーグルのみの素潜りでしたが、
足がつくところでも、十分楽しめました。
でも、夕日を見る予定で、16時ごろ行ったのに、
1時間も泳ぐともう疲れてしまって、18時前には脱落しました。
立ち泳ぎ+素潜りは辛い。溺れる(笑)。
着替えたあと、塩でべとべとしたのが嫌なので、すぐホテルへ直帰。
夕日どころじゃなかったです。雲あったからね。見られなかったかもね。

海岸ではどこでも泳げるそうです。
トイレやシャワーがあるところも結構ありました。
そして、どこもゆったり空いています。
北側のあやまる岬の海岸は、潮が引くと天然プールみたいになって、
岩場もあるので磯遊びもできて、よさそうでした。

のんびりゆっくりよかったです。
お刺身おいしかったし、鶏飯もおいしかったです。
世界自然遺産に登録しようという動きが政府から出ているらしいですが、
島内に宣伝がほとんどなかったなーという印象でした。
激しく観光地化されてなくていい感じだと思います。
今度は、加計呂麻島や喜界島にも行ってみたいです。
18 : 02 : 21 | 雑記 | コメント(0) | page top↑
<<赤ちゃん見てきた! | ホーム | 友達。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |