FC2ブログ
美術展。
2018 / 08 / 17 ( Fri )
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

行ってきました。
お客さんは、外国の方が多い印象でした。
写真可能なところがあるんですが、
それ以外のところで撮っている人も多くて、
常に、注意の言葉が飛び交っていました。
ここの職員の人は、働き甲斐があるなと思いました。

装飾ではなく、素材そのものや、機能性を考えた美しさがとても素敵でした。
建物という、大きな物の中にある繊細さがすごいです。
展示されているのは、写真や模型ですが、
実際、いくつか見ているものはありました。
都内にあるものとか、瀬戸内にあるものとか。
現存する物は、実物大を見に行きたくなりますね。

変わりゆく風景に、どのように溶け込んでいるのか、
季節の変化や、時代の変化など、周囲の変化に合わせたというものが、
いったいどんなものか実際目で見てみたいです。

17 : 30 : 54 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
美術展。
2018 / 08 / 04 ( Sat )
八王子は遠かった!高尾山が近い!

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密

好きな絵本作家です。
緻密な線画が好きなわたしとしては、やはり外せないですね。
キャラクターが謎めいていて、微妙にかわいいところも好きです。
そして、翻訳の言葉も好きです。
絵本に「うろん」なんて言葉、選ばないでしょう。

絵本だけかと思っていたら、挿絵とかポスター、
舞台背景・衣装まで展示してあって、
見ごたえがありました。
遠かったけど、満足でした。
何より、空いてて、ゆっくり見られたのがよかったです。
19 : 33 : 03 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
人体。
2018 / 03 / 31 ( Sat )
国立科学博物館「人体 神秘への挑戦」に行ってきました。
NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク」も、もちろん視聴済みです!

NHKのこのシリーズ大好きで、「驚異の小宇宙 人体」を見たときの衝撃といったら!
音楽は久石さんだし、あの女性が海から駆けてくる映像が今回も使われてて、
懐かしさと共に、また新しい技術や可能性の世界が広がって、
今回もいい番組見たなーと思いました。

博物館の展示内容は、人体に関わる研究の初期から現在までです。
そこには、顕微鏡の発明が進歩に大きく関わっていたことや、
時代によって、解剖の取り扱われ方の違いなど、
今現在の技術までの変遷が分かりやすく、
人体の各部分と時代の流れに沿って、取り上げられてました。

途中途中に本物の人体組織が展示されているんですが、
いちいち確認表示がありました。
こういう観点からも、
展示の仕方に気を付けていかなければならないんですねー。
でも、アインシュタインの脳のスライス標本は、
そのまま展示されていましたが。
大きくなければいいのか?

かなり前にも科学博物館で特別展をやったことがあって、
そこでは最新技術の医学用標本がメインだったかな。
MRIみたいにスライスされた標本。
そこで、初めて透明骨格標本も見た気がします。

人の探求心は凄いです。
どこまでも遠く。
どこまでも小さく。
見えないところまで、見ようとします。

恒例のガチャ
今回は人体解剖模型の顎ポーチでした!
歯
歯ブラシ指導の時に使いたいと思います。

タモさんレゴにも会うことができましたよ!
タモリさん
内臓丸見えで、恥ずかしかったに違いありません。
18 : 03 : 06 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
美術展。
2017 / 08 / 11 ( Fri )
ベルギー奇想の系譜展」に行ってきました。

最近、ブリューゲルづいていますな。
奇想・幻想のテーマで、14世紀から現在までの芸術家の作品が
展示されているのが面白かったです。
不思議な生き物とか骸骨とか、
愛嬌があるものとか、不気味なものとか、
よくもまーここまでバラエティ豊かなものできるもんだなーと。
この中に、ルーベンスの作品があったのも不思議な感じがします。

今回のガイドの声は、速水奨さんです。
なんか、普通だった。

平日行けるのは夏休みの特権ですね。
やっぱり、空いてる方がじっくり見られていいですね。
しかし、寒かった。
でも、会場でブランケット借りられたのがよかったです。
この貸出って、前からあったのかな。
13 : 57 : 04 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
美術展。
2017 / 07 / 30 ( Sun )
アルチンボルド展」に行ってきました

寄せ絵の肖像画がメインです。
何十種類の花だとか野菜だとかを組み合わせて、
人物を描いているのが凄い面白いです。

歴史的に、それまでの絵画は人物画メインでしたが、
静物画に移行していくきかっけにもなったそうです。
花一つとっても、花びらの色や形が緻密で、
それが絶妙にはめ込まれていることに驚嘆です。
敬意を表するものから、風刺画まで、
その幅広い巧みさが凄いです。

夏休みの特権で、平日午後有休をもらって行ってきました!
3時半ごろのチケット売り場は並んでましたが、
会場はある程度空いていたので良かったです。
そして、今回の解説は竹中直人さんでした。
ふざけてなかった。
18 : 06 : 54 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
美術展。
2017 / 05 / 14 ( Sun )
ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。

面白かったです。
へんてこな生き物好きです。
バベルの塔は大きい方の作品かと思ってたら、小さいほうの作品でした。
緻密な作品で、絵画全体はよくジグゾーパズルとかでみましたが、
よく見ると、あんなにも情報が盛り込まれいたんだってことがわかりました。
実物見られてよかったです。

美術展のプロジェクトで、大友克之さんが、塔の内部構造の断面を描いて
公開していたんですが、これもすごかったです。
等の内部が空洞で、建物全体が螺旋状に伸びていく部分がよくわかります。
あの大きさだと、職人さんたちは毎日確実にその場で寝食を行っているのではないかと。
仕事終わったら、下りてまた上がるなんて絶対出来そうもないくらい大きいです。

美術展自体は、ブリューゲルの作品よりも、
ヒエロニムス・ボスを大きく取り上げていました。
ボスに影響を受けたブリューゲルの作品て感じでした。
謎生き物好きの私としては、大変楽しかったです。
妖怪に通ずるものが(笑)

ガイドブック買いました。
ボスモンキーホルダーがあったんですけど、1000円もするので諦めて、
ガチャをやってみました!
1回目、欲しいものが出なかったので、
2回目もやってみましが同じものが出たので諦めました。
魔術師のやつ、かわいくない。
ひよこみないなやつが欲しかった。
じゃなきゃ、せめてタラ夫がよかった。

あまり人がいないときに、も1回くらい、行きたいです。
17 : 53 : 09 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
盆栽。
2017 / 04 / 30 ( Sun )
世界盆栽大会。

さいたま新都心の駅前まで行きましたが、
2時間待ちの行列を見て、引き返してきました。
根性無しなので、そっこーでくじけました。

見たかったけど、まあ仕方ない。
駅前のディスプレイで我慢しました。
18 : 08 : 25 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
美術展。
2017 / 04 / 02 ( Sun )
草間彌生 わが永遠の魂

行ってきました。
凄い混んでるとの噂だったので、平日の夕方に行きました。
おかげで、入場待ちはなく、会場も思ったよりは混んでいなかったので、
ゆっくり見られました。

去年、直島行ってきたし、なかなかタイムリーです。
あの水玉は、幻覚がモチーフだったんですね。
自殺しそうな自分をとどまらせるために絵を描いていたそうで、
芸術家というものは、やはり、極限まで追い詰められた人だけしか
なりえないのかな、と思いました。

それにしても、すごい作品の量です。
描きたいものがあふれてくるそうで、
まさに息をするように絵を描いている。

撮影が可能なところが多かったので、写真撮ってる人いっぱいいました。
わたしも撮りたかったけど、スマホでもないし、
カメラも持ってなかったので、せっかくだったのに残念でした。
でも、いろいろな作品が見られて楽しかったです!
も一回行きたい。

そして、最後のグッズコーナー。
レジ待ち行列でショップから飛び出てた!!
見てると、絶対欲しくなるので、見ずに素通りしました。
閉館ぎりぎりに行けば、空いてるかなー。
期間内に行ってみたいです。
19 : 01 : 11 | 芸術 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ